« 1人で? | トップページ | 遡り »

2011年5月29日 (日)

FINLAND FEST2011 Die Hardな奴ら

110528_222348

昨日、恵比寿リキッドルームで行われたFINLAND FEST2011に行ってきました。

友達が目当てのバンドがいるので観に行こうという事で誘われた今回のフェス。

初めていったリキッドルームは、恵比寿にあるだけあってオサレな感じの建物でした。

でも、会場への入り方がややわかりにくく、一人で行ってたらきっと軽く迷った可能性大です。

さて、今回のイベントでは5組のバンドが出ていたのですが、そのうち知っていたのは2組のみ。あとは全くの初見になります。一応自分なりに感想は書いてみますが。

まず最初はMOONSORROWと言うバンド。

最初から威勢のいいメタルサウンドとデスボイスで会場を盛り上げるわけなだが、いかんせん単調なリズムを繰り返すデスボイスは終始体をだらけさせる。この段階では後方で見ているので余計に時間が長く感じる。疲労感しかなかった。コーラスのスキンヘッドの人の方がいい声してて俺はそっちをメインボーカルにして、たまにデス入るくらいが世間の受けもいいのではないかと思います。

次にLAPKOというバンド。

この日のメンバーの中ではどちらかといえばメタルと言うよりはパワーポップより。

今度は正攻法な歌ものバンドということもあって、さっきよりは退屈しなかった。それでも曲は全く知らないので、やっぱり後半は飽きてきた。広いスペースがあればきっと寝ていたかもしれない。ドラムの力強さだけは感じる事が出来ました。

この段階では今思えば、もしかしたらこの日のイベント来たの失敗だったかなぁと心配したものだった。

ここで、次のバンドがmyGRAINである事が確定したため、ドリンク券を引き換えながら小休憩にはいる。

どこのライブハウスに行ってもそうなんだけど、バーカウンターでドリンクの引き換えをしてくれる女の子って、みんな可愛いんだよな。

友達にいわせれば、そんなのは客寄せのためにそうしてるんだと言う。

まあ確かにそうだな。

そのバーカウンターのモニターで開始の瞬間を見ることになったmyGRAIN。

再びメタルサウンドに戻る。さっきと違うところは、キーボードが入ることでややシンフォニックな期待をさせるところだ。

ボーカルとギター2人、ベース、ドラムにキーボードと6人編成の大所帯バンド。常にキーボードの女性が何かに取りつかれたように頭を振りみだしているのが印象的だった。ボーカルは基本デスボイスなのだが、普通に歌うところもあり、なかなか悪くはなかったと思う。違うかもしれないがブレッドフォーマイバレンタイン見たいな感じといえば聞こえはいいのだろう。

残り二つ。

ラス前はOUTRAGE。

このイベントがなければ今後も知ることはなかっただろう。

事前に友達から情報を仕入れ、日本人にこんなにカッコいいバンドがいる事をしらされ、初めて見るライブ。いやが応にも気合が入る。

それまで後ろで見ていたが、友達に「ちょっと仕事してくるわ」と言い残し、ついに前方へ移動開始。

セットチェンジの間、恐らく高ぶる物があったのであろう。抑えきれぬ感情を俺にぶつけてくる輩が話しかけてくる。

「いやぁ、今からここら辺はDie Hardな奴らでとんでもない事になりますよ。まぁ僕もそのうちの一人ですけどね」

おれは笑いをこらえるのを必死に抑え、

「そうなんだ。そんなに好きなんだねぇ」と軽く返したつもりだったのだが、そっから

「はい。LOUD PARK09でも、ヘッドライナー以外なら間違いなくOUTRAGEが一番よかったですよ」などと言ってくる。

さらに「1曲目は何ですかねぇ?」と聞いてくるので、

「まぁ無難に行けば新しいアルバムのRISEじゃないの?」とこれまた適当に反したのだが、

「あぁまぁ無難ですよねぇ。もしかしたらいきなりMY FINAL DAYやるかもしれませんよ。」

「うぜぇ..」と本気で思ったが、「そうだねぇ」と軽く返して後はそっとしておいた。

さて、肝心のライブの方だが、めちゃくちゃよかった。カッコよすぎる!

やはりボーカルの力強さは本物であった。右手で風を切るような仕草は彼の癖なのだろうが、それもまた味があってよい。

個人の感じ方で違うとは思うが、俺の中ではMEGALOMANIAが断トツでよかった。サビの全員合唱によるコーラス。もう言う事はない。

ラストはRISEで終了。この曲もよかった。知らない曲も結構あったけど、そんなこと関係なしに楽しむ事が出来ました。CD買おうかな。そしてまたライブあるなら見に行きたいと思わせるライブでした。

そして最後コルピクラーニ。

森の妖精の異名を持つフォークメタルバンド。フォークメタルといえば分かりにくいがアイリッシュパンクのメタル版と言い換えればわかりやすいかも。

音楽のベースはメタルなんだけど、バイオリンとアコーディオンが入りバラエティに富んだサウンドを奏でる。

最後と言うこともあってモッシュピットと、サークルモッシュはすごい事になっていましたよ。

俗にいう酒三部作。特にVodkaは盛り上がったなぁその次がTequilaかなぁ。Beer Beerは初めて聞いたけど、サビがわかりやすかったからすぐに溶け込めました。

最後からアンコール辺りは若干グダグダになってしまったが、とてもよかったです。

簡単にそう評すると、MOONSORROW以外はまぁ盛り上がっていたんじゃないかと思います。この中から今年のLOUD PARKに出る事になるのだろうか。ラスト二組のどっちか出るならもう一回見たいなぁ。

今回の戦利品

Cimg1186

OUTRAGEのエンブレムTシャツ。

Cimg1187

それと今回のイベントとは関係ないけど、リキッドルームオリジナルタオル。ロゴがオサレ感出してていいですねぇ。

« 1人で? | トップページ | 遡り »

ライブ観戦記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548718/51801061

この記事へのトラックバック一覧です: FINLAND FEST2011 Die Hardな奴ら:

« 1人で? | トップページ | 遡り »

twiiter

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

天気&時計