« 10-FEET その向こうへツアー@清水ark | トップページ | Surely Comes Tomorrow »

2011年12月24日 (土)

OVER ARM THROW Songs tour@横須賀かぼちゃ屋

昨日の事ですが行ってきました。久しぶりの遠征。

行った事ない所だし、万が一終電無くなるなんて事になると悲惨なので車でいく事に。最初は下道だったんだけど途中からちょいちょい渋滞が発生し、時間どおりに到着できるか心配になり途中から高速使って問題なく到着。

コインパーキングからライブハウスまで少し歩いたんだけど、横須賀の街並みはイメージどおりというかなんというか外国人がたくさんいたし、バーもあちらこちらにありました。普通に行ってみてもまた違った楽しみ方がありそうだな。

今回のライブはチケットの購入方法がメール予約のみという手法で、会場で直接確認してチケ代を払う事になる。当然返信来てるんだけど、ここで名前なかったらどうしようってちょっと思ったけどちゃんとありました。

初めて来たかぼちゃ屋は入ってすぐがライブエリアで奥の方がバーカウンターになっている。フロアだけだと結構小さめ。ロッカーはないっていうんで、最初はちょっとオロオロしてしまいましたが、上着は適当に棚の上にでも置いときました。

ここのライブハウスが今までのライブハウスと違うところが、ステージとフロアの高さが同じなんだよね。んで、柵が無い。さらにいうとゲストのdustが始まるというのに暗転もしない。

これってどういう事なのかなぁと思ってたら、まず暗転しないのはこの日ステージがクリスマス仕様になってたからだと思う。暗転しても意味がないというか。そういうこと。

んで、柵がないのをどうするのかというと、まさかの人間柵。肩組んで壁を作ってる。これもしバイトだったら時給1000円でも相当きついぞ。最後までこの柵が破壊される事はなかった。さすがだな。きっと慣れてるんだろう。

まずゲストでdustbox。

今年は地元でイベントしてくれたこともあったけど、4回もdustが見れるとは思わなかったです。本当にいい年だった。2マンだったからたくさん曲やってくれたしね。1曲知らない曲あったんだけど、昔無料配布した曲なんだって。それじゃわかんないね。クリスマスの歌みたいだったけど。

一応それ以外のやった曲。これで全部だと思うけど。足りないとしたらAbnormal Prideやってるかもしれないくらい。

Right now
Try My Luck
Break Through
Space Walk
Resistance
Hardle Race
Not Over
Hate Hate Hate
Jupiter
Sun Which Never Sets
Tomorrow
Next Story

しかしこのライブハウスは空気薄いし、空調も効いてるかどうかわかんないくらい熱いし。途中退出できるっていうのがよかった。地元のjamjamではできないから。多分外は普通の人は凄く寒いんだろうけど、Tシャツでも余裕でした。いや、むしろ気持ちがいい。すぐ近くに自販もあるし、水分補給には困らない。

んで、この日のメインOVER ARM THROW。1か月前にjamjamのイベントで来てくれた以来。あんときはツアーじゃなかったし、アルバムの曲はあんまりやんなかったけどこの日は違った。アルバム全曲(隠しトラック除く)やってくれたし。昔の曲もまんべんなくやってくれたし。Suger,We are going downとか聴けるとは思いませんでした。この曲超好きなんで。

この日がそうなのかいつもそうなのかわかんないけどベースの洋平君がこの日はMCでかなりアツいメッセージを放っておりました。こないだのjamの時は菊池君のくだらない話が多かったから余計にそう思えた。とりあえずもう1本くらいライブ参戦するかな。ファイナルあたり日程的にはバッチリだしね。

ライブの方は凄くよかった。時間もたっぷりだったし満足です。しかし熱かった。後半は完全にばてた。久しぶりにはっきりとした赤いアザもできました。MC中多分酸欠で倒れてた人いたけど大丈夫だったろうか。dustに引き続き柵をしてくれた人たち大変でしたね。ご苦労様です。

人間の体ってよくできたもので、危険な時って反応するように出来てるんだよねって思った。俺の場合、終盤体が参ってる時、聴こえてくる音に若干だけどノイズが入ってくるようになるんだ。演奏してる人達や条件は同じなのにそうなるっていうのは体が休めっていう事なんだと思う。まぁ逆らいましたがw

楽しいライブだったのは間違いないのだが、敢えて言う。ライブとはあんまり関係ないのだが。

ダイブする奴。マジ考えてもらいたい。いつもの事だがするなという事じゃない。する奴の問題。

まず、根本的にデブはダイブするな!\(*`∧´)/

この日も赤いTシャツ着てたデブ男2人。明らかに俺よりもデブな奴が俺を発射台にするってどういう事?あれはマジで引いた。下で支えてる間は曲も楽しめんし。俺がダイブしたくても我慢してるのは決して30代だからって遠慮してるとかそういう事じゃないのだよ。下の事を考えてるからだよ。

終わった後にゴメンみたいに手合わすジェスチャーするくらいなら1回きりにしとけ!何度もするんじゃねぇ。ダイブするならまず痩せろ。俺より軽くなったら遠慮なく飛ばしてやるから。

あと、サビまで上で粘って動かない奴。これも問題。要するにダイブする奴のセンスの問題だな。自分の事しか考えないからそうなる。昨日の10-FEETのライブの時、飛ぶ奴等がありがとーっていいながら飛んでったりしてるの見てると飛ばす方の気持ちも全然違ってくるのだが...

軽く愚痴った位にして一応セトリ、全部ではないと思うが。特に最後のMCでラスト5曲って言ったあたりからは全然覚えてない。順番もバラバラかと思います。

By Yourself
You Are There
Without you,Without me
Suger,We Are Going Down
In bloom
Honey Baby Surfer Girl
Thanks
A-Z
Wish on the ster
Apologia
Lamplight
Mr.know it all
Don't force your normal upon me
The dancing rain
Rotation
Closing
Across the Fanfale
S.O.G
Hand in hand
Dear my songs
All right,all wrong

アンコール
Chime

欲いえばZINNIA聴きたかったけど、Dear my songs聴けたしぜいたくは言えないね。

物販からいつものようにTシャツ買いました。

Cimg1417

普段は絶対チョイスしないピンク。裏にはスケジュールが入ります。一応抑えで黒も買っときました。

タオルは今回のモデルはもう持ってるので、dustのグッズからタオル買いました。

Cimg1418

手前の方は既に色違い持ってるんだけど、奥の1枚買ったら歳末サービスでもう1枚って事でつけてくれました。物販眺めてた時に『タオルって意外と使わないんだよねぇ』って言ってた女の子。いやいや、運動する身としてはいくつあっても困らんのですよ。

年内は29日にあと1本ライブがまた遠征ですが残ってます。しっかりライブ納めしてこようと思います

« 10-FEET その向こうへツアー@清水ark | トップページ | Surely Comes Tomorrow »

ライブ観戦記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548718/53556779

この記事へのトラックバック一覧です: OVER ARM THROW Songs tour@横須賀かぼちゃ屋:

« 10-FEET その向こうへツアー@清水ark | トップページ | Surely Comes Tomorrow »

twiiter

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

天気&時計