« ライブと私 | トップページ | Please take me the "Starlight Parede" »

2012年5月28日 (月)

RASCAL VALLEY2012

Cimg1558

昨日は恵比寿リキッドルームで開催されたTHE CHERRY COKES主催のRASCAL VALLEY2012に参加してきました。

計6組のバンドが参加となかなか内容の濃いイベントとなりました。去年初めて来た時は建物の中身がよくわからず、ホールの位置すら最初は戸惑ったものですが、今回は大丈夫です。とりあえず出演順に感想でも書いてみたいと思います。

まずはFAT PROP。ライブで見るのは初めて。ボーカルがキーボードっていうのは珍しいと思うので頑張ってもらいたいと思います。演奏自体はなかなか良かったと思います。こっちがもう少し曲知ってればもっと楽しんで聴けたと思う。

2番手はロットングラフィティー。

もう少し後かなぁって思ったけど。このバンドもライブで見るのは初めて。やはりほとんどの曲分かんないからちょっと退屈な時間になってしまったけど、まわりの人達は楽しそうに飛び跳ねていました。ツインボーカルにしか出せないものをもっと引き出してもらいたらもっと良くなると思います。

3番手HEY-SMITH。こっから本腰入れて前の方で見る。

このバンドのライブはとにかく楽しい。踊ったり飛び跳ねたり、一緒になって歌ったりといろんな楽しみ方ができる。MCも面白い。これからも何度もライブが見たくなるバンドです。またツアーで地元の方も廻ってもらいたいね。
歳のせいもあってスカダンスの切れが若い子に比べるとどうしようもなかったです(泣)。練習しようにもする場所もないので、今後も自分の好きなように暴れようと思います。
セットの方も、ライブで滅多にやらないというAMERICAN PIEまで聴けたし。短い時間なりに凝縮されていたと思う。
中でもやっぱりEndless Sorrowは何度聴いてもテンションがあがる。

セットリスト多分こんな感じ。もうちょいやってるかもしれないけど、楽し過ぎて途中はっきり覚えてないからこんなもんだな。

Come back my dog
Endless Sorrow
Skate or Die
We sing our song
We'll Be Alright
Jump!!
THEME OF HEY
Family
AMERICAN PIE
DRUG FREE JAPAN

4番手はTHE イナズマ戦隊。こちらも見るのは初めて。名前から想像するには青春パンクなんだろうと思われたけど、前半は割とロック色の強い曲が目立った。ギターソロふんだんに入れたり、ブルースハープ使ったりするところは古いロックが好きな人にはツボだと思う。
1曲も知ってる曲なかったから中盤はやや飽きてしまいかけたこともあったが、最後にやった曲、後で調べたら応援歌という曲らしいが、初めて聴いた曲で不覚にもいい歌だとちょっと感動した。基本30過ぎたやさぐれた大人にとって青春ソングは聴いてて辛いところがあるが、この歌はちょっと好きになった。誰も知らないだろうが今度カラオケ行ったら全力で歌ってみたいと思う。

ラスト前はOVER ARM THROW。今年だけで既に4回目のライブ。演奏前にサウンドチェックをするんだけど、ステージは出番までカーテンで仕切られていて、中の様子はわからないんだけど、いきなり本番さながらにIn Bloomをワンコーラス歌いきったのはこれからのライブの前哨戦みたいで、思わずにやついてしまった。

んで、ライブが始まるとまさかの1曲目からDear My Song。通常なら間違いなく終盤でやる曲を1曲目に持ってくるとは思わなかった。そして次がAll right,all wrong。もうこの段階でかなりセットリストに遊び心を感じるね。ラストがRotationっていうのも意外性があってよかったです。

イベント参戦だから曲数は少ないけど、こちらも十分楽しめました。たぶんやった曲はこれで全部です。

Dear My Song
All right,all wrong
Honey Baby,Surfer Girl
Stardust
Idle noodles
Mr.know-it-all
MUSIC
ZINNIA
Rotation

そして最後は企画者THE CHERRY COKES。

なかなか地元には対バンのゲストくらいでしかライブしにこないバンドなんで、ちゃんと見るのはこれが初めて。

トリだけあってこれを見に来てる人も多いとは思うんだけど、それにしても今日イチで強烈だったな。とにかくモッシュがハンパない。最初の1曲目で誰かにいいエルボーもらった以降はとにかく前から後ろからさらには上からもいろんな攻撃がやってくる。
それでも楽しいんだよなぁ。なんでだろう。体は痛いし、イベントも終盤でかなり疲れてるはずなのに。それがライブの凄さなんだと思う。

バンドは1人が複数の楽器を演奏したりすることもあって、音の種類が非常に豊富。特に個人的にはティンホイッスル。やっぱこれを演奏できるメンバーがいるっていうのは個性っていう点では間違いなく他のバンドより勝ってるよね。またこの音色がバンドサウンドにうまくマッチしてるんだ。
サックス吹いてた人もブルースハープ吹いたり、太鼓たたいたりと大忙しだし、ベースはたまにバンジョー弾いたりととにかく賑やか。

全部の曲知らないからセットリストは載せれないけど、知ってる曲も半分くらいあったんでかなり楽しめました。サビはみんなで一緒に歌う唄が多いのも楽しかった要因だと思う。

夕方4時に始まって、終了が22時前。全部のバンドを前で見たわけじゃないけど、正直今回は疲れた。終電間に合わないのを想定して今回バイクで行ったんだけど、これが帰り道余計に疲れた気がする。当然仕事は休まず行ったんだけど、今日一日は全然ダメ人間でした。明日から気合入れ直して仕事に励もうと思います。

今回のグッズ。

Cimg1559

前から一つくらい欲しかったHEY-SMITHのTシャツ。新作なのか以前の物なもか知らないけど、これでようやく一つ手に入れました。

Cimg1560

そして、今回のイベントTシャツ。フロントはちょっと地味だけど、記念という事で。

Cimg1561

バックは出演者がズラリ。

タオルもいくつか悩んだけど、買い過ぎても棚の肥やしになってしまうので今回は買ってません。Tシャツも少しずつ卸しはじめてるけど、まだまだいっぱいあります。ただ、白Tはダメージも早いんで、これはもうしばらくとっておこうかなと。

そんなこんなで、今回も非常に楽しかったです。次のライブは地元のフェスが週末にあります。今回とガラッと変わって、ゆったりした感じのイベントなんで、のんびり音を楽しもうかと思っております。

« ライブと私 | トップページ | Please take me the "Starlight Parede" »

ライブ観戦記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548718/54823876

この記事へのトラックバック一覧です: RASCAL VALLEY2012:

« ライブと私 | トップページ | Please take me the "Starlight Parede" »

twiiter

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

天気&時計