« S.L.T.S | トップページ | BE SILENT FxxKIN' SYSTEM »

2013年8月19日 (月)

SUMMER SONIC2013(ただし初日のみ)

 今更だけど、行った記録として残しておきたいので。

2年振りに行ってきました。

過去04~09,11と参戦したので今回で8回目。このイベントではかなりのベテランになってきたと思う。

当日静岡を4時半に出たのだけど、帰省ラッシュと重なり首都高目前で渋滞に。

友達を新宿駅で7時に拾う事になっていたのだが、この渋滞のせいで予定が大幅に遅れる事になってしまった。下道を選択してかなりアグレッシブな道を選択したナビの影響も多少はあるだろうけど、元は俺がもっと早く家を出ればいいだけの話なんで次からはあと1時間早く出ます。

んで、新宿から幕張までの道は例年ならすんなり行けるのだけど、この日は東関道でまさかの渋滞。最初はディズニーかなぁと思ったけど、くどいようだが例年はそんな事はない。ここでまさかの足止めを食らう。

そしてしばらくするとその渋滞の原因はわかるのだが、それがまさかの故障車。しかも3車線ある道路の真ん中の車線で堂々とトランクまで開けて停まってやがる。あまりの事に写真すら撮るのも忘れてしまったが、ここまで堂々とされると起こるのも通り越してあきれてしまう。

そんなアクシデントが重なり、結局到着したのは10時半。本来であれば8時半くらいにはついている計画だったので大きな誤算となってしまった。既にこの段階でグッズは諦めていたのだが、案の定2時間半待ちと。グッズのためにライブ見ないなんてもったいないので、とりあえずマリンステージに。

トップバッターのVOLBEATは自分が入った頃には半分くらい終了していたのでどんなバンドかわからずじまいだったけど、結構盛り上がってた。ちょっとメタルっぽい所なんかは好きなポイントではある。

それにしてもこの日は本当に暑くて大変だった。最初のリストバンド交換待ちの時でも腕からにじみ出る汗。そしてVOLBEATからワンオク待ちの間にも汗。似合わないのわかってても身を守るためにこの日は帽子もかぶってきた。タオルもタオルキーパー使って予備を携帯していた。それでもあまり効果はない。マリンステージのシートから反射する熱もハンパない。待ってる間ちょっと座ってようなんて思うと、熱くて座れたもんじゃない。立っても辛い。座っても辛い。

そんな中でのONE OK ROCK。最近後輩から教えてもらって聴くようになったのだけど、あまりにもにわかだったので、終盤の曲しか知らなかったのは俺の勉強不足。若いのによく声出てるなぁってのが感想。完全感覚Dreamerのシャウトはカッコいいね。俺もあれくらいカッコよく歌ってみたいもんだ。

この後はホルモンなので、大抵の客はそのままアリーナ内に残っているのだけど、暑さのせいだろうか、スタッフに抱えられて退場するものが多数。せっかくここまで頑張ったのだろうが命にかかわる事だろうし、ヤバいと思ったら退場するのは仕方ないだろう。

そしてホルモンの番になるのだけど、まぁアリーナが酷い事になるのは想像していたが、暑さのせいもあってかなりヤバい状態だったね。1曲目のWhat's Up Peopleの時はまだ大丈夫だったんだけど、1回目のMCの時あたりから心臓の鼓動がすごく早くなってきたり、手の辺りが震えだしてきたりと体に異変が。

それでも最後まで頑張ろうと思ったんだけど、Fまで聴いてついに後方に撤退する。

マリンの昼間の野外では05のMAD、07のエルレと闘い抜いてきたが途中退出は初めて。それくらい過酷な状況だった。あの状態で最後まで前線で戦った人たちはもはやアスリートか何かなのではないかと思わせるくらい力の差を感じさせられた。

この後、マリンの外で少し休むも、汗は引かない、震えは止まらん状態が続き、ひとまず空調の効いたメッセで休もうと思い、メッセを目指す。しかしこの道中もかなりきつかった。昔なら時間もったいないからと走って移動した時もあったけど、とてもとても。

なんとかたどり着いたメッセの一番近い入り口がマウンテンステージだったので、そこの後ろで横になって休憩すると、JAKE BUGGというシンガーがちょうど始まった頃だった。最初は休憩メインにしてたけど、途中からあれ、結構好きかもってなってきた。なんとなくだけどアクモンっぽい。まだ10代らしいが、貫禄のある歌い方でこれからが非常に楽しみな気がした。

再び休憩に入り、そこそこ体調も回復しては来たけど、再びマリンに行くほどの気力はなかったので、FALL OUT BOYはなくなく諦め、HIATUSを観ることにした。
曲は嫌いではないけど、やっぱりどこかでエルレの細見武士を期待してしまう。半分くらい見て途中で移動する事にした。

昼間諦めていたメッセのグッズ売り場を物色したんだけど、ほとんどのグッズは売り切れ。残ったグッズも残るべくして残ったって感じの物ばかり。今年は何も買ってきませんでした。

Cimg1756

移動中に撮影したオブジェ。毎年豪華になってる気がする。

Cimg1757

マウンテンステージとソニックステージの間のフロア。飯食うだけでこれだけの人が集まってると飯食う時間ももったいないので、結局この日は飯食ってません。帰りのPAで食った吉牛は特盛りにもかかわらずあっという間にたいらげました。

この後の目当てであるBABYMETALまではまだ時間があったけど、下手に動くのも面倒なのでそのままレインボーステージに移動。ちょうどcoldrainが始まった時だった。メタルベースのスクリーモボーカルが印象的なバンドではあるが、なかなかカッコいい。1曲も知らないのでどこでどう盛り上がったらいいのかわからなかったけど、ジャンプの時にはちょっとメッセが揺れたくらい盛り上がってた。でも、この手のバンドは大きい所よりライブハウスくらいの方が楽しいだろうね。

そしてある意味この日最も楽しみにしていたBABYMETAL。なんせ同じ時間マリンステージではLINKIN PARKがやってるんだから、この選択はわかる人にしかわかってもらえない選択だろう。全く後悔はしてない。

セットチェンジの段階でかなりいい感じのメタルサウンドが演奏される。期待しても良さそうだ。どうやら次のバンドが韓国のバンドみたいで、一部前の方に韓流おばさんがいたのは気になったが。

そして時間になり、ライブスタート。どうやらMCというものはなく、事前に用意された映像とナレーションによる進行。『LINKIN PARKはこっちじゃないぞ』とやや自虐的なナレーションでつかんだ所でBABYMETAL DEATHからスタート。

ライブ始まって思ったのは、最初はヲタが大半だと思っていた。確かにヲタもいるのだが、普通!?の人達も結構いた事。あと、サークルモッシュやウォールオブデスがかなり本格的だった事。ラウパに出るようなメタルバンドのそれとほぼ変わんないといっても言い過ぎではない。
これにより韓流おばさん達は悲鳴を上げながら退散する羽目に。正直前の方にいるのに棒立ちなんてしてほしくないし、邪魔ものがいなくなって俺的には好都合。

最近の数で推す口パクの某グループや、全力ライブが売りの5人組など、アイドルもかなり多様化しているけど、バックバンドとはいえ演奏力の高さ、SU-METALの歌唱力とこれだけの大音量に負けない声量。口パクじゃなくてよかった。やはり俺の中では断トツである。地方のツアーとかは現実的には無理だろうけど、今後も観たいなぁ。年末のメッセワンマンなんてすげぇ興味あるけど一人っていうのもつらいしねぇ...仲間を増やす必要があるね。

最後はMETALLICA。さすがに夕方になって昼間の強烈な暑さはやや和らいだ。

Cimg1758

METALLICAを待つ人々。LINKIN終わりで抜けた人も多いせいか多少の余裕があった。

そして始まったMETALLICAのライブ。思えば06の時はDaft Pankに行ったため観れなかった。今回待望の観戦。

とはいうものの全部の曲を知ってるわけではない。それでも2曲目にマスパペが演奏されるとテンションが一気に上がる。中盤は知らない曲も多く、2時間というライブの長さもあり少々中弛みもあったけど、途中でBlackenedのイントロが入って再びスイッチが入る。
やっぱり『バケツリレー、水よこせ』ってみんな歌ってたね。
本編最後のENTER SANDMANでも、『千代田生命に行こう』って完全に言ってるのを聴いて思わずニヤリ。

アンコールで、やるかやらないかさんざん煽っといてからのBattery。まじでカッコよすぎる。

気がつけば途中長いと感じた2時間も終わってみればあっという間。マリンでの花火も久しぶりに見ました。

Cimg1761

今年の最大の敵は暑さだった。一日中メッセにしてればもう少しアグレッシブに動けたかもしれない。仮に来年もいくとしたらマリンの暑さ対策はやり過ぎなくらいでも足りないと思う。冷却グッズとかを常備しとく必要があるね。

2年振りのフェスは非常に楽しいものになりました。俺くらいの年齢になると、参加する人もなかなかいない。かといって一人でいくのは微妙なんだ。最終的には個人行動になるので複数でいくのも一人でいくのも変わらないかもしれないけど、この空間を共有したいっていうのはある。

と、いうわけでちょっとでも興味持った方。フェスに参加しましょう。

それではまた来年。

« S.L.T.S | トップページ | BE SILENT FxxKIN' SYSTEM »

ライブ観戦記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548718/58019789

この記事へのトラックバック一覧です: SUMMER SONIC2013(ただし初日のみ):

« S.L.T.S | トップページ | BE SILENT FxxKIN' SYSTEM »

twiiter

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

天気&時計