カテゴリー「趣味」の記事

2013年12月 9日 (月)

百名山その2~大菩薩嶺~

今年の山登り第2弾。

ここではFBにのっけた以外の写真を中心に。

Imgp0279

スタート地点の小屋。

すでに空気はひんやりとしてます。

Imgp0281

同じ所にあった案内図。百名山ともなると駐車場がちゃんと整備してあるのが登山客には嬉しいです。

Imgp0291

登山途中の山道で、小生意気にミラーレスの機能を使ってモノトーン風にしてみた。奥に見えるのが富士山。冬の感じが出ているだろうか。

Imgp0307

山頂付近の案内看板。ちょっと斜めになっているのが個人的には風情を感じます。奥の湖みたいなのはダムです。

Imgp0300

これまたモノトーンにて撮影。手前の草が変な色になって不気味さがでてるけど、実際はこんな色ではありません。

Imgp0310

2000m地点。外は晴れてるけど、風がメッチャ冷たくて参った。確実に0℃は下回っているはず。

Imgp0309

そして山頂付近の景色。左側に富士山。真ん中にダム。そして右側にポツンと建っているのが、ふもとの小屋。こうしてみると結構な距離を歩いてきたなぁと感動。

山頂は寒かったけど、今回も達成感は得られました。前回の登山で慣れたせいか。もう少し距離または高低差があっても良かったかなと思います。

冬でも登れる百名山を探しつつ、残り98か所。まだまだ先は長いけど頑張ります。

2012年2月 9日 (木)

お気に入りを買う

Cimg1520

最近は行ってないけど、お気に入りブランドを取り扱ってるお店で使ってるものと同じフレグランスを買いました。

そのブランド扱ってるお店では今まで行ったところは全部これと同じ匂いがしてたんで、気にはなってたんだけど、思い切って買ってみる事にしました。

Cimg1523

とりあえず、キャンドルの方を使ってみた。

当たり前だけどおんなじ匂いで癒されます。

2011年12月29日 (木)

2011年音楽的総括

Cimg1420

今年もこれだけのCDを買いました。配信全盛期の中で、今年もこれだけのものを買ってしまうのは、昔ながらの人間だってこともあるけど、ジャケットのデザインだったり、歌詞カードみながら聴いたりっていう楽しみもあるからなんだよね。

おかげで部屋の中にはどうしようもないくらいのCDが積まれているのだけどね。ある意味自分の音楽における嗜好の歴史みたいなものが見えてくるので処分するにはまだ早いのかなと思ってます。

そんな中で今年のベスト3を邦、洋とそれぞれまとめてみた。

まず邦楽

Cimg1422

まずUNLIMITSのトランキライザー。

メジャーへ移行してもサウンドスタイルは変わっていなかった。今後もメジャーならではの問題とかってあるんだろうけど、自分たちのスタイルを変えずに貫いてもらいたいと思います。そして来年もライブ行きます。

次はHEY-SMITHのFREE YOUR MIND。

今年は何度もこのバンドがいい!って言ってるけど、アルバム自体の出来がいいからこそ言えるもの。スカバンドの明るい未来がそこにあります。

んで、今年一番聴いたOVER ARM THROWのSongs。

なんせ4年振りだからな。リリースペースが比較的早いインディーでこれだけ待たせたバンドもそうそうない。それだけに出来は本当に完璧。最初から最後まで手抜き一切なし。次のアルバムがどのくらい先になるのかわからないけど、名盤になるのは間違いないです。4月のファイナルもいこうかなと思ってます。

次に洋楽

Cimg1421

まずはPANIC! AT THE DISCOのVices & Virtues。

メンバーの脱退を乗り越え1stのような原点回帰に戻った作品。2ndではどうなる事かと思ったがやはりこのバンドはこの手のサウンドの方がしっくりくる。

次にDAVID GUETTAのNOTHING BUT THE BEAT。

終盤はこればっかり聴いてたな。特に通勤時に聴くとそれなりにやる気が出る。気がする。

そして一番聴いたのはなんだかんだでAMARANTHE。

男女ボーカルとスクリームというメタルサウンドの新しい形を切り開いたといっても過言ではない。メロディセンスもよい。ただ、今のところライブに関してはラウドパークでの出来が本当にイマイチだったので、そのイメージを払拭する事を期待する。

もうちょっと細かく品評してもいいのだけど長くなりすぎて時間かかるのでこの辺にしておきます。

来年もどうせまたたくさんCD買うと思うので、このくらいの時期に一応評論ぶってみようと思います。

2011年12月11日 (日)

キーマカレーを作る

久しぶりに飯ネタでも。

最近極めようとしている市販のルーを使わないカレー作り。今日はキーマカレーを作ってみます。

まず必要な材料がこちら。

Cimg1403

豚ひき肉、玉ねぎ、トマト(ホールトマト含む)、しょうが。

次に使用したスパイス。

Cimg1407

左からコリアンダー、パプリカ、クミン、カイエンペッパー、ターメリック、ガラムマサラ。あとここにないけど塩。これで全部。

まずはトマト、玉ねぎ、しょうがを細かく切っていきます。

Cimg1406

こんな感じに。

んで、これらをいっぺんに炒めていくのだけど、水分が飛ぶまで炒める必要があるので結構時間かかります。

Cimg1410

これでまだ半分くらいかな。この後ひき肉入れてさっきのスパイスを入れてくるとかなり水分が無くなってくる状態になるので、そこで水を入れて最終的な煮込みに入ります。

Cimg1411

この状態で全ての具が入りました。ここで、臭み消しにローリエ入れて、その後しばらく煮込んだ後に完成したのがこちら。

Cimg1412

ご飯はターメリックとバターを一緒に炊いてターメリックライスにしました。パッと見ミートソースのようにも見えるけど味はしっかりカレーになってます。トマトベースだと赤い色がなかなかとれないのは仕方ない事ですな。

カレー作りに関しては過去に失敗した事がいい教訓になっているので、これからも色々試してみたいと思います。

2011年11月21日 (月)

マラソンとか色々

今日は新東名マラソンに参加してきました。

会場に向かう途中で仕事の電話がかかってきたり、デジカメ忘れたりでテンション下がり気味でしたが、ランニングコスチュームの人だかりを見るとそのテンションも少しずつだけど回復してきました。

なにせ一回きりだからね。

沼津駅からシャトルバスでピストン輸送したりするあたり。

他のマラソンでは当然のように配られる参加者が載ったパンフレットがなかった事と言い、参加料の高さはそういうところに使われたんだろうな。

スタートが近くなると、昨日の雨と打って変って快晴に。いや、むしろ暑いくらいなんですけど...マラソンの環境にはちょっと辛いくらい。

んで、実際にスタートするとその暑さが体に染みてくる。

一応時計で計測しながら走ったんだけど、前半はゆったりとした下り坂ってこともあってか最初の1キロが4分ちょい。

あんだけ自分に最初飛ばしすぎないようにと自制していたはずなのに、レースになるとやっぱ負けず嫌い根性がでてしまう。

そのペースで2キロの通過が8分30秒くらい。体の方は順調だ。

そのまま5キロの折り返し。少しペースは落ちたものの、ここまで22分40秒くらい。

なんだ、このままいけば自己記録大幅に更新できるなと余裕ぶっこいてた矢先、折り返してからはひたすら緩やかな上り坂。本当に緩やかな上り坂なんだけど、5キロずっとこの傾斜っていうのが地味~に効いてくる。

後半は完全にペースがガタ落ち。

残り1キロの時点で時計は44分を過ぎている。1キロ走るのに5分以上かかってしまう計算。なんとか50分は切ろうと最後の力を振り絞るのだけど、登り坂の影響は大きかった。

結局、モニターで見る限りの記録では50分20秒くらい。この20秒が非常に悔しい。頑張れば何とかなったかもしれない時間だから。

そう思ったところでもうこのコースは走れないんだし。

楽しく走れた事は収穫でした。もっと練習します。次に走る駿府マラソンでは絶対に記録更新してみせます。

他のマラソンでは完走すると記録と順位が印刷された完走証をその場で発行してくれるんだけど、この日はそれはなかった。後で送ってくれるのかな。

記録はなんとなくわかってるけど、順位とか意外と気にするんだよね。RUNNETみてもさすがにまだ載ってないし。

表彰式後でやるっていってたからそんとき配ったのだろうか。でも、その前に仕事の電話の事ですぐに帰りたかったから会場を後にしました。

結局完走したところでくれたのが、タオルと記念のメダル。

Cimg1320

まぁ別にこんなもののために走ったわけじゃないんだけどね。

マラソンの話はここまで。

一昨日の合コン的な飲み会の時、相手側がちょっと遅れるっていうんで先に男だけで飲んでた時なんだけど、職場の事で色々みんな不満があるんだなぁってあらためて思った。

よく聞いてみると俺の知らない事情があったりして、話を聞いてると確かにそういうとこあるなって気付かされることも多々。

くどいようだが俺の場合不満があってもあんまり口にしないし、怒ったところで何も解決しないんでまわりと上手くやる事だけ常に気をつけてるんだけどね。

みんな結局自分の事が一番だからねぇ...これからも特に後輩のそういう不満とかあったら聞いてあげようと思います。

仕事の事に不満はないけど、その飲みの中で偶然話題になった職場の同じフロアにいる、俺が何となく顔が気に入らないという理不尽な理由で嫌いな奴。

これが相手側の女の子ともあった事があるらしく、やっぱり気に入らないと言っていたのを聞いた時、やっぱり俺の感覚は間違っていなかったんだなって納得。

特に気に入らなかった話が、そいつはほとんど残業などしてないはずなのに、仕事の事を聞かれて凄く忙しいって言っていたそうなんだ。

嘘ついてんじゃねぇ!

お前の忙しいって俺が毎日徹夜してるって嘘つくようなもんだぞ!

だれかあいつに『あんた、嫌われてますよ』って言ってあげるべきだな。うん。

おやすみなさいzzz

2011年9月25日 (日)

疑う心、其即ち愚なり

3連休の中日。

この日は東京まで行ってきました。

と、いっても用事としては友達と麻雀がメインなんだけど、これはこれで好きな事だし、交通費だけが余分にかかるだけだし、別にかまわないんです。

昼に舞台となる新宿に集合する。今回会う人たちは3ヶ月振りくらいだが、俺を見るなり『痩せたなぁ。』最近では言われ慣れている感もあるけど、そういう素直な反応はやはりいいもの。

気分を良くしたところで昼食をとる。

行ったところは竹虎というラーメン屋。そういえば減量開始してからラーメン屋って行ってなかった気もする。

それこそこないだ行った新宿LOFTのすぐ近く。割とこじゃれた感じの店内はお昼時ということもあってそれなりに混んでいた。

朝から何も食べてなかったし、滅多に行くところでもないから、せっかくなのでトッピングを全部のせにする。

Cimg1289

頼んだのは豚塩ラーメン(名前あってるか自信なし)

とんこつベースの塩ラーメンなんだけど、さっぱりしてておいしかった。ただ、トッピング全部のせは別にしなくてもよかったかも、もう大食漢を名乗るのは過去の事だな。うん。

そして雀荘へ向かう。料金が安いという事で前回と同じ所へ。

前回行った時は通称『下げ上手』と命名したお絞りすぐに持ってってしまう全く使えないバイトさんがいたもんだが、この日はやはり前回後半に勤務してた使える子が入っていた。

単純に俺の好みということもあるが、やはり手際がいい。東京というのはこんな子がゴロゴロいるからさすがだな。

しばらくすると、雀荘に珍しく女性が一人で来店。

何かと思ったらどうやらバイトの面接のようだ。しかし、面接も普通に空いてる雀卓の上でやってるところを見ると、この雀荘には控室的なものはないようだ。そういえば女の子も私服に名札とエプロンつけてるだけだし、更衣室とかもないんだろうな。

どうみても麻雀が出来るような子には見えないのだが、時給の良さに惹かれたのだろう。次回行った時に働いているかが見ものですな。

麻雀の方は実に好調。トップ2回。手もよく入ったし、2択の選択も割とビシッと決まったと思う。どうやら東風より半荘の方が向いているようだ。半荘は時間がかかるのがちょっとネックだな。

麻雀の後はすぐ近くの居酒屋で飲みに。店員さんのお引きに素直についていったんだけど、もう少し食い物のメニューが多いと良かったかな。しかし、土曜日ということもあって待ってる客がいるくらい混んでた。歌舞伎町なんて飲み屋いくらでもありそうな気もするんだけど。

座席でお金払って、店を出ようとすると、レジのところで店員さんに

『お金払いました?』って聞かれた。当たり前じゃないかと思いながらも

『払いましたよ。』と答える。大人だもん。怒ったりしないよ。

店を出て、終電まで時間もあるしこの後どうしようかと話していると、今度は店長っぽい人が『お金払いました?』ってまた聞かれる。

『払いましたよ』って再度告げると、

『実は食い逃げされまして...』と話し始める。どうやら俺たちが食い逃げ犯と疑っていたようだった。

そんな馬鹿な。疑われるなんてありえない。第一本当に食い逃げしたとしたら店の前でのんきに次の予定決めてるわけがない。結局疑いは晴れたのだが、そんな風に思われたのは初めてだったのでなんか変な感じ。もう大人なんだからちゃんと払いますとも。

その後の事を決めてるとまた客引きのお兄さんが近づいてくる。

『お通しと料理一品頼んでくれれば1,300円で一時間飲み放題でやります』

みたいな事を言うのだ。

すかさず俺『それじゃ結局2,000円近くかかるよね?それじゃ別に安くないよね?』って返すと、電話した後

『それじゃあ料理頼まなくてもいいです。全部混みで1時間1,500円でいいです。』っていう言葉で他の3人がそれならOKというので行く事に。それにしてもうちらからそんなに必死に交渉したところで6,000円の売り上げがそんなに欲しいのだろうか。そんな事で得するのだろうか。こういうところの仕組みはよくわからん。

行ったところは明らかに元カラオケボックスを改修した作り。非常に狭い。もしカラオケだとしてもこれでは多分辛いところだろう。

お通しの揚げパスタを食いながら再度飲み直し。1時間ということだったが、終電が近づいたため30分ほどで俺は切り上げ。他の人たちが本当に1時間で楽しめたかは定かではないが、まぁ別にいいか。次行く時は2軒目ならダーツの方がいいですな。

と、こんな感じで1日が終わりました。明日仕事じゃなかったら泊まってってもよかったけど、朝一帰って仕事するのと、家で寝てからいくのでは全然違うからね。

また近いうちに行くこともあるだろう。

今回は新幹線で行ったけど、バイクで下道なら往復で2,000円かからず行けるとこだし、そう考えると東京もそんなに遠いところではないかなと思う。

またやろうぜ。

2011年8月20日 (土)

スライドショー2011 BEST OF SLIDE

浜松までみうらじゅん(MJ)のスライドショーを見に行ってきました。

そもそも、俺は下手なお笑い芸人よりもMJの方が面白いと思うほどMJ信者なのである。もう高校生くらいからそうだと思う

浜松までいくのも久しぶり。

そのせいじゃないけど、電車でどれくらいかかるかが完全な計算違いで、開演時間に遅れてしまう。

でも、フロントアクトがあるって書いてたからまぁいいか。と思っていたら中に入るとすでにMJがステージで喋ってる。でも、写真は出てない。何とかギリギリ間に合いました。

んで、内容の方なんだけど、これは終わった後で俺がどうこう言っても面白さは伝わらないと思う。あの場にいないとわからない空気感なんだよなぁ。

最初の方で出てきたムカ絵馬(ムカつく絵馬)のネタ。ネタというか実際に誰かが書いたものを写真にしただけなんだけどまぁ笑った。

第1部の最後で、どっかの団体の集合写真にさりげなく溶け込んでいたMJ。これも大爆笑。

2部に入る前に先ほどフロントアクトとして名前が書いてあったウクレレえいじが場を繋ぐ。

ウクレレ弾きながらマニアックなものまねするんだけど、正直な感想。全く面白くなかった。興味ないのもあるけどもっと頑張ってください。

第2部に入ると今度は各地の変な祭りの写真がメイン。

これもまぁ実際に見てもらうしかないんだよなぁ。本当にこんな祭りあるのか!?と疑いたくなるくらいくだらない祭りの数々。途中安斎さんが出てきた辺りで爆笑のピークを迎える。

その後は飛び出し注意の看板の子供の変遷についての写真。最終的にその看板作ってる人のところまで行ってしまうのだから、MJの好奇心はハンパない。

終わってみると、本編だけで2時間近くはやったのではないだろうか。

写真の出し方、それに対するコメントの仕方。さすがに上手い。あっというまの2時間だった。

一人で行ったのはやや残念だったけど、場所も遠いしそもそも知らないという人もいるだろうしまぁそんな事はどうでもいいくらい笑ったんでよかったです。スーツ姿のMJもカッコよかったです。

これって毎年やってんのかな?また来年も静岡くれば見に行こうかなと思います。そして俺も気になる物を見つけたら、迷わず写真に収めようと思います。

終了後一応グッズ売り場を見て、買ったのがこれ。

Cimg1258

PINGUに天狗の頭をあしらえた、TENGUストラップ。遊び心あふれる一品です。

一応Tシャツも売ってたんだけど...

すんません。買いませんでした。着れるデザインじゃなかったです。

2011年6月26日 (日)

勝負熱39℃の世界

昨日は東京まで、大学時代の友達に会いに行ってきました。

交通費だけはちょっとかかっちゃうけど、静岡~東京間も慣れてくるとそんなに遠くもないかなって思うようになってきました。

集合は新宿に11時50分だったんだけど、ちょっと早めに到着して渋谷のタワレコまでいってきました。

途中109にこんなポスターが

110625_111729

時代を感じますなぁ。流行りとはすごいです。

渋谷のタワレコにも

110625_111007

こんな感じで衣装が展示してありました。

んで、本来の目的に戻りタワレコ内を物色。

単純に静岡のタワレコがフロア分あるんだから、相変わらずボリュームはすごいね。用事がなければ相当な時間ここで過ごせると思います。

普段静岡のタワレコに置いてないものも、ここにはたくさんありました。

そんな中で、渋さ知らズのCDを1枚買いました。

Cimg1213

もう、結構前のだけど、本田工務店のテーマが入ってるんでそれだけの理由で買いました。夏の晴れた日に聴くと雰囲気が出ていいだろうねぇ。

じかんもそろそろいい時間になってきたんで、新宿に集合。

年明けの同窓会以来になる人もいたけど、あれから半年しかたってないし、みんな変わってなかったね。

そして昼飯を食べに一同が向かった先は、叙々園。

名前では聞いていたが、もちろん行くのは初めて。

一応昼はランチをやっているので、比較的安心して食べられる。

友達が予約をしてくれていたので、すんなり入れたのだが、なぜか店員さんに

「お子様連れのかたですか?」

ってきかれ、どう見ても30過ぎたおっさん5人をみて、何を思ったのだろうか。

後ろで並んでた女性2人も他人事とは言え、笑いをこらえるのが必至だったのが印象的でした。

110625_121534

んで、頼んだのがこの焼肉ランチ。

値段も確か1,200円位だったし、肉が柔らかくて美味かった。結局ビールとか頼んだり、せっかくだから単品も頼もうとなって、3,000円近くかかったけど、満足の昼飯になりました。

いつか、好きなものを好きなだけ食べに行けたら最高ですな。

昼食を終えた一同はこの日のメインイベントである麻雀をしに雀荘へ向かう。

卓数もかなりあり、人も土曜日ということもあってかなり入っている。

今回5人でいったので一人が抜け番で、2位の人が入れ替わる方式で対局開始。

結論からいえば俺は一度も2位にならなかったので、最後まで打ち続けたのだけど、最後の方はみんな疲れてたねw

ここの店員さんが一部個性的な方がいて、恐らく前半の入りだったバイトの女の子が、友達のお絞りをさりげなく回収して言ってしまうのだ。そして、また要求して持ってきてもらうけどしばらくしたらまた回収される。通称「下げ上手」。

帰る時、部屋の隅にお絞りを干しているのをみて、単純に数が不足してたんだと分かったのだけど、このやり取りはなかなかおもしろかった。打って変って後半のバイトの子はかなりてきぱきとこなしており、この対比も面白かった。共通してたのはどっちもギャルだったってとこだけだな。店長さんも個人的に相当な男前だと思った。

110625_182710

学生時代暇さえあればやってたし、ゲームでは今でもたまにやるけど、やっぱ実際に牌を握る方が全然違うよね。楽しさが。

またやる機会があればぜひいこうと思います。

夜は世界の山ちゃんで飲みに。

110625_192737

ここの手羽先初めて食ったけど、結構辛いというかしょっぱいというか。美味いんだけどね。夜の運転があったためここでは飲まなかったけど、ビールには合いそうですな。

そしてさらに今度はダーツをしにダーツスポットへ。

台数も多いし、機種も新しいし人も多くて賑やかだし、こっちの方が楽しくていいね。

地元のダーツバーは機種古いからこの差はビックリでした。

Cimg1208

例えばこんな機能。

美人時計のダーツ版Bijin Countup

得点に応じて女の子がその点数のボードを持ってるっていうやつね。

これもし満点とか取ったらすげぇ隠しキャラとかいるんだろうけど、当然そんな点数取れるわけもなく。

あと、3人に1人くらいは本当に美人なのか疑わしいのもいたけど、企画ものだからその辺は多めに見てあげないといけませんね。

とまぁ昼から始まって夜までいろんな事してきましたけど、いや~楽しかったです。

最近仕事関係であんまりうまくいってなかったから、ちょっとしたストレス発散にもなったし。

こうして定期的に会える友達がいるのは非常にいい事です。

またやりたいですな。そんときはもう少しダーツの腕をあげなければ。

2011年2月 5日 (土)

新しい仲間

Cimg1142

ついに新しいバイクが届きました。

Cimg1141

こっちの角度の方がわかりやすいか。

清水のレッドバロンから家まで乗ってきたんだけど、まぁ静か。まぁエンストしない。加速もいい。

さすが新車。

今日は引き取りに行っただけだけど、明日天気が良ければ慣らし運転でもしがてら出かけてみようと思います。

2011年1月31日 (月)

Greed

色々と手を尽くしたものの、やはりミラーの柱は素人では修復不可能でした(ノ_-。)

多分修理すれば十分なおるレベルなんだけど、修理費出すくらいならこれを機に買い替えてしまうのもよいのでは。という結論に至り、早速レッドバロンにいって見積もってもらいにいってきました。

1つ目はKawasakiのNinja400R

2つ目はHONDAのSHADOW Custom

そして3つ目はやはりHONDAのVT400S

狙いは250ccから400ccへのランクアップ。

どれも自分にとっては捨てがたい要素を持っている。

Ninjaは最近少なくなってきたツアラータイプ。

きっと速いんだろうなぁ。との思いから。

SHADOWはこれもアメリカンのあこがれがあっての選択なんだけど、若干のへそ曲がり根性があって、ドラッグスターは結構乗ってる人いるから、あえてこっちにしようというだけの話。でも、こっちも乗ってる人結構見るけどね。

VT400Sに至っては出たのが去年の終わりぐらいということもあって最近まで知らなかったんだけど、単純に今のバイクからランクアップするにはちょうどいいのかなと。ネイキッドでもなく、かといってアメリカンでもない。まさにちょうどいい。

NinjaとSHADOWはお店の中に実物もあったので、確認してみるとやはりどちらもカッコイイ。

どれも捨てがたい。

そんな中、最終的にVT400Sを注文しました。

まずNinjaは個人的なイメージだけど、それっぽい恰好して乗らないといけないような感じがしたため、今回はやめにしました。

SHADOWは3つの中で一番値段が高い事がネックになった事が大きいかな。もう少し金銭的に余裕があればこっちにしていたかもしれない。アメリカンの夢は今後に持ち越しです。

というわけで、次の土日には乗れる状態にしてくれるとの事です。

整備不良のバイク乗って捕まるのもつまんないんで、今週は多分バス通勤になると思いますが、週末が俄然楽しみになってきました。

ただでさえ貯金少ない中で出費はかさみましたが、遅かれ早かれ買うこと考えれば納得の買い物だと個人的には思います。

より以前の記事一覧

twiiter

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

天気&時計